ユーザーの目を引くサイト名を考える

SEOGOOGLE.jpg
ユーザーの目を引くサイト名を考える

サイトの名前を考える際、どのように決めますか?

サイト名は見ただけで内容が伝わるようにすることが大切です。

ユーザーが「アフィリエイト 稼ぐ」と検索した時の検索結果に「誰でも稼げるマル秘テクニック」と出てきた場合クリックしてくれるユーザーは多くないでしょう。

基本は、シンプルなタイトルで難しい漢字などは使わず誰もが読めるようにすることです。

また、サイトのキーワードをサイト名に含めることも検索結果の上位に表示されやすくなる要因のひとつであるといわれています。

特にテーマに関連するキーワードは、検索結果で表示された際に確実に目に入るように、サイト名の前半に配置するように心がけましょう。

また、サイト名が長くなりすぎないようにしましょう。大体30文字以内に抑えるようにしてください。テーマを伝えるためとはいえ、サイト名にいくつもキーワードや重要な言葉を含めるわけにはいきません。

そのような場合、キャッチフレーズをつけることでサイトの内容がユーザーに伝わりやすくなります。
まずはキーワードや重要な言葉を思い浮かべ、そこからそのサイトに合うイメージに合う言葉を選ぶ。

検索結果の上位に表示されていてもサイトに訪問してもらえなければ意味がないのでサイト名はしっかりと考えるようにしてください。


サイト名を考えるときのコツを伝授

1、サイトに関連する名前にする
上記でも記述している通りサイトに関連している名前にする。

2、2つ以上の単語を組み合わせ作る
複数の言葉を組み合わせることで新しい言葉が生まれることは珍しいことではない。某有名は人気お菓子も二つの単語を組み合わせ作られたものが多くある。

3、Googleで検索する
困り果てたとき最後に頼りになるものといったらGoogle先生しかいない。多くのツールがあり、ネタを仕入れる際や現在のトレンドを知る際にものすごく便利である。世界中の人が使用しているサービスであって情報が豊富である。

この記事へのコメント

人気記事