HTML、基本を身に着ける

images.jpg
HTML、基本を身に着ける

ホームページの運用をする場合更新や作業などは自身で行わなければならない。ブログのサービスを使う場合でも必要になる知識だ。

HTMLはHyper Text Markup Languageを略したもので、Web上に文字を記述するためのマークアップ言語である。マークアップ言語とは、文章の構成や見栄えなどに対して指定を行う言語のことで、「<」「>」で囲まれた文字をタグと呼びます。

開始タグで始まり終了タグで終わります。これはブラウザーがページをタグが解析して閲覧しやすく表示する。
HTML形式ファイルは大きく分けて2つの要素から構成されている。

一つ目は、head要素だ。ページのタイトルや概要説明、キーワード、コードの設定などの情報を記述する部分である。

二つ目は、body要素だ。ページの内容や装飾方法を記述する部分だ。ファイル全体の要素を合わせてhtml要素という。

 CSSは、Cascading Style Sheetsの頭文字をとったもので、HTMLの要素をどのように装飾するかを記述するスタイルシートだ。CSSではHTMLで表現できるほとんどのデザインを実現することができ、幅広いデザインが実現可能です。

基本的にセレクタ・宣言ブロックから構成され、規制集合と呼ばれている。セレクタには、スタイルを適用したい要素をHTMLタグで記述する。宣言ブロックにはプロパティと値があり、プロパティは文字色やサイズなどといった適用するスタイルの種類を指定します。

HTMLの基礎

URL →  http://www.shoshinsha.com/hp/1hour/1hour_tag.html

CSSの基礎

URL →  http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~ohtan/kouza/css-kihon.html

その他の言語


 HTMLやCSS以外にも複数の言語があります。HTMLを改良したXHTMLやブラウザー上で作動するJavaScript、サーバー上で動作して情報を操作できるPerlや簡易的で日本語や画像処理にも優れているPHPなどが利用できます。

また、近年はデザインの知識なしでもきれいなサイトを作ることができるBootstrapを使う人たちが増えてきている。

この記事へのコメント

人気記事